シワの原因と改善するためのケアとは?

シワの多い女性の顔

鏡を見るたびに増えていくシワ……。
女性にとってこれほど悲しいことはないですよね。

シワというと「乾燥小じわ」を思い浮かべる人が多いかも分かりませんが、実はシワには3つのタイプがあるんです。

シワができる原因を知り、そしてシワを改善するためのケアを始めましょう。

シワができる原因

乾燥小ジワ

乾燥が主な原因で起こるシワで、肌の表面の角層の部分にできる、浅く細かい小ジワやちりめんジワです。

乾燥で水分が不足することで角層がしぼんでしまい、その部分が余ってシワがよることで起こります。

乾燥が原因でできるシワなので、乾燥肌の人は比較的若い頃から現れることがあります。

表情ジワ

笑ったり怒ったりと、表情を作る時にできるシワが表情ジワ。

ハリ・弾力が失われてくる30代くらいから、笑いジワなどが元に戻らなくなることで気付くことが多いようです。

表情筋と呼ばれる顔の筋肉が過剰に収縮し、その部分の皮膚に折り目がついて徐々に定着していくことでシワになります。

齢を重ねるごとに深くなっていきます。

加齢ジワ

文字通り、加齢によって起こるシワのこと。

肌の弾力の元である真皮のコラーゲンやエラスチンが、加齢とともにもろくなったり変性したりすることで、目もとや頬の皮膚を支えきれなくなって目の下の深いシワやほうれい線が刻まれます。

シワを改善するケア

乾燥小ジワ

乾燥が原因のシワなので、保湿ケアをしっかりすることが重要です。

朝晩のスキンケアでしっかり保湿ケアをすることに加え、保湿成分と油分が配合されているアイクリームを使うのもおすすめです。

口もとのシワなどは乳液やクリームの重ね塗りを。

表情ジワ

長年続けてきた表情のクセが刻まれたものが表情ジワ。
これはスキンケアでは改善できません。

どうしても表情ジワを改善したいという場合は、ヒアルロン酸注入やボトックスなど、美容医療に頼りましょう。

加齢ジワ

加齢による真皮のコラーゲン・エラスチンの減少などが主な原因になる加齢ジワでは、コラーゲンの量を増やすケアが重要です。

加齢ジワ対策に必須の成分といえば、高い抗酸化力を持つビタミンCとレチノール。
これらの成分が配合された化粧品を使ってケアしましょう。

また定期的なピーリングを行うことで、真皮の細胞を活性化させてコラーゲンを増やすようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする