肌 ラメラ構造一覧

肌のラメラ構造とは?~角質層で肌のバリア機能を担う

肌のラメラ構造

あなたは肌のラメラ構造というのを聞いたことがありますか?
ラメラ構造は肌のバリア機能に重要な役割を果たしているものです。

この記事では肌のラメラ構造を知るために、皮膚の構造、肌のバリア機能、そして肌のラメラ構造についてご紹介します。

皮膚の働き

皮膚は単なる薄っぺらい膜ではありません。
人が生きていくために必要な、非常に重要な役割をたくさん果たしている「人体最大の臓器」なんです。

人の皮膚全体の面積は約1.6平方メートル(畳約1枚分)にもなり、また皮膚全体の重さは体重の約16%にも及びます。

皮膚の働きには、

  • 外部の刺激から体を守り部の水分が蒸発しないようにするバリア機能
  • 常に新しい細胞を生み出す新陳代謝機能
  • 暑さ・寒さから体温を一定に保つ体温調節機能
  • 痛いとか熱いとかの刺激を脳に伝えるセンサー機能
  • 薬などを吸収する経費吸収機能
  • ウイルスや細菌から体を守る免疫機能

などがあります。

皮膚の構造

皮膚は外側から順に「表皮」、「真皮」、「皮下組織」という3つの層でできています。
このうち「ラメラ構造」が存在し、肌のバリア機能の役割を担っているのは表皮です。

表皮の厚さは0.2mm程度。
非常に薄い膜ですが、紫外線やウイルスなどの外部刺激から体を守り、肌内部の水分の蒸発を防ぐ肌のバリア機能を担っています。

表皮はさらに外側から順に「角質層」、「顆粒層」、「有棘層」、「基底層」という4つの層からできています。

バリア機能

肌のバリア機能というのは、紫外線や雑菌、花粉、乾燥といった外部刺激から肌を守る機能と、肌内部の水分の蒸発を防いで肌のうるおいを保つという機能です。

バリア機能を主として担っているのは角質層の中にある、

  • 皮脂膜
  • NMF(天然保湿因子)
  • 細胞間脂質(ラメラ構造)

です。

皮脂膜というのは皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺から分泌される汗とが混ざり合ってできたもので、皮膚表面を覆うことで外部刺激から肌を守るとともに、肌内部の水分の蒸発を防いでいます。

NMF(天然保湿因子)は「Natural Moisturizing Factor」の略で、角質層の中で水分を抱え込み、細胞のうるおいを保つ働きをしています。

角質細胞の間を埋めているのが細胞間脂質と呼ばれるもので、水分と油分が規則正しく何層にも交互に重なり合っています。

この角質間脂質の層状の構造のことを肌の「ラメラ構造」と呼んでいるんです。

ラメラ構造

「ラメラ」というのは「層状」という意味です。

細胞間脂質は水分と油分がミルフィーユのように層状に重なり合ってできています。

角質層はわずか0.02mmという食品用ラップ1枚程度の薄さです。
その薄い膜の中に、角質細胞が15~20層も重なり合い、さらにラメラ構造をなした細胞間脂質が角質細胞の間を何層にも埋め尽くしています。

角質細胞や細胞間脂質で隙間なくびっしりと埋め尽くすことで、強力な水分保持機能・外部刺激からのバリア機能を果たしているんですよ。