洗顔料 選び方一覧

洗顔の目的・洗顔料の選び方・正しい洗顔の仕方

洗顔する女性

「洗顔」はスキンケアの基本だと言われています。

どれだけ良い化粧水や美容液、乳液・クリーム等を使ったとしても、肌が汚れていて毛穴に皮脂汚れが詰まっているような状態では、せっかくの美容成分も肌に浸透していきませんよね。

スキンケアの初めの一歩は、洗顔で肌を清潔にすることから始まります。
ここではそんな大切な「洗顔」について、考えてみましょう。

洗顔の目的

洗顔の目的は余分な皮脂汚れや古くなった角質、ほこりなど肌についた物質を取り除くことです。

特に古くなった皮脂をそのままにしておくと、酸化して肌老化の原因になるので、洗顔でしっかり洗い流すことが重要なんですよ。

洗顔料の選び方

最近は洗顔料にも「うるおい成分」や「美白成分」、「保湿成分」などが配合されたものが多くなってきましたね。

これらの成分が配合されることにより、配合目的の効果があることは否定できません。

しかし、あくまでも洗顔の目的は「皮脂汚れ等を落とすこと」にあります。

洗顔料を選ぶ際に最も重要視すべきは、自分の肌に合った「洗浄力」を持った洗顔料であるかどうかです。

皮脂汚れを適度に落としてくれる、適度な洗浄力のあるものを選びましょう。

また「弱酸性」の洗顔料もよく見かけます。
肌は本来弱酸性なので、洗顔料も弱酸性のものが良いように思えますね。

これも弱酸性であることは決して悪くはありませんが、いくら弱酸性の洗顔料で顔を洗っても、洗い流す水は「中性」なので、すすぎ終わった時には顔は「中性」になっているんです。

様々な美容成分や「弱酸性」ということよりも、上述したように「洗浄力」がどうかという視点で洗顔料を選ぶようにしたいですね。

正しい洗顔の仕方

洗顔の際に注意しなければいけないのは、手のひらで顔を擦らないようにするということです。

そのためには洗顔料をよく泡立てて、たっぷりの泡で洗うことが重要です。
洗顔は手のひらではなく「泡」で顔を洗うように意識しましょう。

  1. 顔をぬるま湯で濡らします。
  2. 洗顔料を手に取り、ぬるま湯を加えて手のひらで良く泡立てます。
    洗顔料を泡立てることが苦手な人は、「泡立てネット」を使うと良いですね。
  3. 皮脂量の多い額・鼻のTゾーンに泡をのせ、泡でマッサージするように汚れをなじませます。
  4. 次に頬・あごのUゾーンに泡をのせ、同様に泡でマッサージするように洗います。
  5. 最後に皮膚が薄くて弱い目もと・口もとを洗います。
  6. ぬるま湯で泡の残りがないようにしっかりすすぎます。
  7. すすぎ終わったら柔らかいタオルで肌を軽くおさえるように水気を吸い取ります。

季節によって洗顔料を変える

肌質は季節によっても変わるものです。
気温の高い夏は汗をたくさんかき、また皮脂の分泌量も多くなります。

反対に気温の低い冬は肌が乾燥しがち。

季節ごとの肌の状態に応じて洗顔料を使い分けるのも良いでしょう。

もちろん皮脂の分泌量が多い夏は洗浄力が強めの洗顔料を、肌が乾燥しがちな冬はマイルドな洗浄力の洗顔料を選ぶようにしましょうね。