大人ニキビ 原因 スキンケア一覧

大人ニキビの原因と改善するためのスキンケアの方法

大人ニキビを気にする女性

ニキビは過剰な皮脂分泌で毛穴が詰まったり、毛穴の出口の角層が厚くなって毛穴をふさいでしまうことでアクネ菌が増殖して起こります。

この記事ではニキビの原因、大人ニキビと思春期ニキビの違い、そして大人ニキビのスキンケアの方法についてご紹介します。

ニキビの原因って?

正常な毛穴は出口が開いています。

毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺があり、ここから分泌された皮脂は皮膚の表面に出て皮脂膜となり、肌のバリア機能という重要な役割を果たします。

ところが何らかの原因によって毛穴の出口がふさがってしまうと、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖してしまうのです。

毛穴がふさがる主な原因には次のようなものがあります。

ストレス

ストレスは男性ホルモンの分泌を促進します。
男性ホルモンは皮脂の分泌を促進するため、過剰になった皮脂が毛穴を塞ぐのです。

乾燥

乾燥するのに肌がベタつくというのと同じ原理で、肌が乾燥したのを感知すると、肌はそれを補うために皮脂をたくさん分泌し、皮脂が過剰な状態を招きます。

洗い過ぎ

洗顔のし過ぎで皮脂を取り過ぎるのも、皮脂過剰を招きます。
原理は上述の乾燥と同じです。

食生活の乱れ

チョコレートなどの甘いもの、コーヒーに含まれるカフェインなどの刺激物は皮脂分泌を促進する作用があります。

肌の代謝機能の低下

肌の代謝機能が低下すると古い角質が毛穴をふさいでしまいます。
これらの原因で毛穴が詰まると、毛穴の中に皮脂が溜まっていきます。

アクネ菌は皮脂が大好物。
アクネ菌が毛穴の中で増殖し、炎症が起こるのがニキビなんですよ。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

思春期には顔いっぱいにニキビができて、それが悩みだったという方も多いのではないでしょうか。

思春期は皮脂の分泌が盛んです。
特に皮脂量の多いTゾーンや髪の生え際を中心にニキビができやすいんです。

また皮脂分泌量が増える春~夏にニキビが増えやすい傾向にあります。

これに対し大人ニキビは、口の周りやあご、フェイスラインなど、いわゆるUゾーンを中心にできやすいのが特徴です。

季節を問わずいつでもでき、治りにくく、またクセになりやすいのも大人ニキビの特徴なんですよ。

大人ニキビのスキンケア

洗顔を見直す

ニキビができやすい人は、洗顔で肌を清潔に保つことが大切です。

ただし、洗い過ぎて肌に必要な油分まで取ってしまうと、かえって皮脂の分泌を促進することになってしまうため、洗い過ぎ・洗浄力の強すぎる洗顔料の使用には気をつけましょう。

ピーリング作用のある化粧品

齢とともに肌の代謝機能は低下し、どうしても古い角質が溜まりがち。
角質を穏やかに取り除くピーリング作用のある化粧品をスキンケアの中に取り入れましょう。

ニキビケアと同時にターンオーバーを整えることにもなりますよ。

サプリメントを利用する

ビタミンB2やビタミンB6は、加齢とともに低下する肌の代謝機能をアップさせてくれる働きがあります。

またビタミンAやβカロチンはニキビの炎症を防ぎます。
これらの栄養素を意識した食事を摂るとともに、サプリメントも上手に活用しましょう。

しっかり睡眠をとる

睡眠不足は免疫力の低下や皮脂分泌の増加を招きます。
規則正しい生活とたっぷりの睡眠を心がけましょう。