乳液 クリーム 必要性一覧

乳液・クリームの必要性と正しいつけ方

乳液・クリーム

スキンケアはクレンジング、洗顔、化粧水、美容液をつけ、最後に乳液・クリームをつけて終わります。

この記事では乳液・クリームの必要性について、また乳液・クリームの正しいつけ方についてご紹介します。

乳液・クリームの役割とは?

乳液・クリームには、

  • 肌に油分を与える保湿効果
  • 化粧水などの水分を蒸散させないようにする「フタ」の役割
  • 肌を柔軟に保つ働き

の3つの役割があります。

この3つの効果によって、肌のバリア機能を高める働きをしているわけですね。

人は齢をとるとともに肌の水分・油分が少なくなっていきます。
これらを補給するために乳液やクリームは大切な働きをしているんですね。

また目もとや口もとなど皮脂腺が少ない部分は、年齢に関わらず乾燥しやすい部分です。
これらの部分がいつもカサついているという方も少なくないのではないでしょうか。

40代になると目もと・口もと以外にも顔全体に皮脂の分泌量が減少し、乾燥がすすみがち。

乳液やクリームの必要性はますます高くなってきます。

乳液とクリームの違いって?

乳液とクリームの違いは水分と油分のバランスの違いです。
一般に水分が多めのものを乳液、油分が多めのものをクリームと呼んでいます。

乳液は化粧水とクリームの中間にあたり、水分・油分をバランスよく肌に補うことができます。

クリームは主に油分を肌に補い、肌のうるおいをキープする働きをします。

脂性肌の人や、普通肌の人でサッパリとした仕上がりが好みの人は乳液を、乾燥肌の人や、年齢を重ねた人はクリームがおすすめです。

乳液・クリームの選び方

乳液・クリームは肌のバリア機能を高めるためのもの。
そのためにはやはり保湿力の高い成分が配合されたものを選びたいですね。

保湿成分としてチェックしたいものとしてはセラミドやヒアルロン酸、尿素やグリセリンなどがあります。

美白系の成分としてはコウジ酸やアルブチン、トラネキサム酸、ハイドロキノンなどが、エイジングケア系の成分としてはビタミンC誘導体やレチノールなどがあります。

乳液・クリームの正しいつけ方

肌のバリア機能を高めるために、乳液・クリームはたっぷりと使うようにしましょう。
また手のひら全体で肌に押し込むようにすると浸透力が高まります。

  1. クレンジング・洗顔の後、化粧水と美容液を顔に伸ばした後、手のひらに適量の乳液・クリームを取ります。
  2. 手のひら全体に乳液・クリームを広げ、顔の中央から外側へと伸ばします。
  3. 硬めのクリームは手で温めてゆるめてから塗ると、伸ばしやすく肌への浸透力も高まります。
  4. 目もと・口もとの乾燥が気になる部分には重ね塗りをします。