セラミド ヒト型セラミド一覧

セラミドって何?ヒト型セラミドの種類と効果とは?

セラミド

美容液の保湿成分などでよく名前を聞く「セラミド」ですが、あなたはセラミドとはどういうものなのか、きちんと説明できますか?

この記事では、セラミドとは何なのか?
またセラミドの種類、セラミドの中でも人の肌の中のセラミドと構造が近いヒト型セラミドの種類と働きについてご紹介します。

セラミドとは?

セラミドはもともと人の肌の中にある成分で、「最強の保湿成分」とも言われる、角質層内で肌の水分を保つ成分です。

皮膚の一番外側にある角質層内にある、細胞間脂質の約半分を占める成分がセラミドです。

脂質でありながら水とも親和性のある親水基を持っていて、油分にも水分にもなじみが良いという特徴を持っています。

セラミドは細胞間脂質の中で肌の水分を保持する働きをしており、肌のバリア機能を担う大切な要素のひとつです。

肌のセラミドが不足すると肌のバリア機能の低下を招き、肌の乾燥や敏感肌につながります。

セラミドの種類

化粧品に配合されているセラミドにはいくつかの種類があります。

ヒト型セラミド

酵母を利用して作られたセラミドで、人の肌の中にあるセラミドとほぼ同じ構造をしています。

このため肌なじみが良く、また保湿力も高いのが特徴です。

天然セラミド

動物由来のセラミド。
ほとんどが馬由来のセラミドです。

植物性セラミド

植物由来のセラミド。
米ぬか油や小麦胚芽油等から作られています。

合成セラミド

石油から合成して作られた、セラミドと似た構造を持つ保湿成分です。

ヒト型セラミドの種類と働き

セラミドEOP(セラミドⅠ)

水分を保持する働きや、優れたバリア機能を持っています。

セラミドNG(セラミドⅡ)

すぐれた保湿力で、肌のバリア機能を高める働きがあります。
人の肌や毛髪などに多く含まれるセラミドです。

セラミドNP(セラミドⅢ)

水分を保持する働きや、シワを抑制・減少させる働きをします。

セラミドEOH・セラミドAS(セラミドⅣ・セラミドⅤ)

角質の脂質バリア層を作り、保持する働きをします。

セラミドAP(セラミドⅥ Ⅱ)

セラミドⅢと同じ働きに+肌のターンオーバーを促進する働きがあります。

セラミドAH(セラミドⅦ)

細胞の増殖分化をコントロールし、皮膚常在菌のバランスを整えます。

肌のセラミドを維持するために

セラミドは齢を重ねるとともに減少していきます。
また間違ったスキンケアによっても減少してしまいます。

減少するセラミドを補給し、また間違ったケアでセラミドを減らさないようにすることが重要です。

保湿美容液で補給する

加齢によるセラミドの減少は誰にも避けることができません。
セラミドが配合された保湿美容液でしっかり補給していきましょう。

クレンジングに注意

クレンジング料にはメイク汚れを落とすために界面活性剤が入っています。
しかし界面活性剤はメイク汚れとともに、肌の角質層内のセラミドも取り去ってしまうんです。

できるだけクレンジングにかける時間は短くするように注意しましょう。

規則正しい睡眠

肌のターンオーバーの過程でセラミドは作られます。
そして肌のターンオーバーは、主として睡眠中に行われます。

規則正しい睡眠、十分な睡眠をとって、正常なターンオーバーを維持するようにしましょう。