睡眠がもたらす美肌効果とは?

眠る赤ちゃん

睡眠不足の翌日は肌の調子はもちろん、体全体の体調も悪くなりがちですよね。

肌をはじめとするヒトのからだの細胞は、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」によって、そのダメージが修復されます。

睡眠不足が体調不良を招くのは、睡眠中に分泌される成長ホルモンの量が十分でなかったために、肌をはじめとするからだ全体が修復されなかったからなんですね。

肌の新陳代謝も睡眠中の成長ホルモンによって行われます。
睡眠と美肌が強い関係を持っているのは、このためなんですよ。

睡眠直後の3時間を大切に

睡眠には深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」があり、1晩の眠りは、ノンレム睡眠とレム睡眠を合わせた約90分を1セットとしたサイクルを繰り返します。

そして睡眠直後の3時間の深い眠りの時に、成長ホルモンの分泌が最も盛んになるんです。
だからこの3時間を熟睡できるようにすることが、美肌のためにはとっても重要なんですね。

午後10時から午前2時が肌のゴールデンタイムとも言われますが、大切なのは熟睡できたかどうか。
特に最初の3時間が熟睡できたかどうかです。

睡眠の質を上げるために

ブルーライトはNG

パソコンやスマホから出るブルーライトは、睡眠を安定させる「メラトニン」の分泌を妨げます。

ベッドの中でスマホでSNSをチェックするという行為は、良質な睡眠のためにはNG行為。

また明るい照明も「メラトニン」の分泌を妨げる一因。
夜は暖色系の明かりにし、寝る前には照明は消すようにしましょう。

アロマオイルを活用

また精神を安定させる効果のあるラベンダーやマンダリン、カモミールなどのアロマオイルを活用するのも良いですね。

特に上記の香りにこだわる必要もありまりせん。
寝る前に自分が心地良いと感じる香りで部屋を満たすようにしましょう。

カフェインを含む飲み物はNG

コーヒーや紅茶、緑茶にはカフェインが含まれています。
カフェインに覚醒効果があるのはあなたもよくご存知ですよね。

睡眠の質を上げるためには、午後8時以降にはこれらの飲み物は控えるようにしましょう。

もし何かを飲む場合は、ホットミルクやノンカフェインの飲料、またカモミールなどのハーブティがおすすめですよ。

睡眠不足と寝だめ

睡眠不足が続いた後に、長時間の睡眠で不足を補うことはできます。

しかし、睡眠不足を補うためといっても、休日に昼まで寝ているなどというのはNG。
生活のリズムが乱れ、体調を崩す原因になりますよ。

また、先を見越しての「寝だめ」は効果がありません。
「寝だめ」をしても成長ホルモンをためておくことはできないからです。

睡眠時間は何時間が適当?

睡眠時間は8時間が良いとか、6時間以上は寝ましょうとか、はたまた、4時間寝ていれば十分とか、睡眠時間に関する説は色々ありますよね。

睡眠時間に関してはまだまだ研究の余地があるようです。
基本的には、朝気持ちよく目覚められる睡眠時間が、あなたに適した睡眠時間だと考えれば良いでしょう。

睡眠中に美肌菌が増えていく

夜、メイクを落とすためにクレンジング料と洗顔料を使ったダブル洗顔をすると、顔の美肌菌はたくさん流されてしまいます。

流されて少なくなった美肌菌は汗や皮脂などをエサに、朝まで8~12時間をかけて少しずつ増えていくんです。

睡眠の時間は美肌菌を増やすためにも大切な時間なんですね。

美肌菌を増やして肌の皮膚常在菌のバランスを整えることは、素肌力をアップし、みずからうるおう肌を作るために重要なこと。

寝る前にストレッチなどをして、美肌菌のエサになる汗をかくのも良いですね。

なお、睡眠以外の美肌菌を増やす方法については、次のページに詳しく書かれていておすすめですよ。

普段から実践したい!美肌菌を増やす方法【まとめ】


敏感肌の人の正しいスキンケアとは?

スキンケアをする女性の手

敏感肌というのは肌の一番外側にある角質層の保水力が低下し、肌のバリア機能が著しく低下している、または機能していない状態のことを言います。

角質層にはウロコのような角質細胞がびっしりと並び、角質細胞の間をセラミドやコラーゲンなどの細胞間脂質が埋めています。

この構造が紫外線やウイルスといった外部からの刺激をシャットアウトしているんですね。
同時に肌内部の水分が外に蒸散しないような役割も果たしています。

敏感肌の人は細胞間脂質を形作るセラミドが不足している状態です。

敏感肌のスキンケアのポイント

スキンケアの基本は保湿ですが、敏感肌の人のスキンケアは何よりも保湿を重視したいところです。

肌に水分をしっかり補給してフタをするスキンケアで、角質層の保水機能を回復させ、そして肌のバリア機能を高めることが重要なんですよ。

クレンジング

敏感肌の人はとにかく肌への負担にならないようなスキンケアを心がけたいもの。

クレンジング料に含まれる界面活性剤は肌への刺激になりやすいものですが、油分のメイク汚れを水分で洗い流すためには必要なものです。

拭き取りタイプ(シートタイプ)は肌への摩擦が刺激になるので、洗い流すタイプのクレンジング料がおすすめです。

クレンジング料が、肌の上にとどまる時間を短くするようにすることが重要です。

洗顔

洗顔の基本は洗顔料をよく泡立てて使うことです。
決してゴシゴシこすったりせずに、たっぷりの泡でやさしくマッサージするように洗いましょう。

洗顔料は界面活性剤を使わない固形石鹸がおすすめですよ。

化粧水・美容液

化粧水・美容液もセラミドなどの保湿成分が配合されたもので、しっかり肌を保湿することが大切です。

敏感肌に効く食べ物・NG食べ物

肌の外側からうるおいを補給することも大切ですが、からだの内側から敏感肌ケアをすることも重要です。

敏感肌に効く食べ物、積極的に摂りたい栄養素はビタミン類です。

特に傷ついた肌の再生をサポートするビタミンAと、コラーゲンの生成をサポートしながら抗酸化作用で肌の老化を防いでくれるビタミンCを積極的に摂りましょう。

ビタミン類が多い食べ物には、

  • ピーマン
  • パセリ
  • 芽キャベツ
  • ブロッコリー

などの緑黄色野菜、

  • イチゴ
  • アセロラ
  • キウイフルーツ

等の果物、

  • ジャガイモ
  • サツマイモ

等のイモ類などがあります。

  • 生活習慣を整える
  • 栄養バランスの取れた食事
  • 良質な睡眠
  • ストレスを避ける

など、規則正しい生活習慣でターンオーバーを整え、敏感肌をケアしていきましょう。


混合肌の特徴とスキンケア

洗顔石鹸とタオル

混合肌というのは、脂っぽい部分と乾燥した部分が混在している、部分によってタイプの違う肌のことを言います。

混合肌の特徴って?

混合肌の特徴には、

  • ひたいや鼻すじといったTゾーンはテカテカするのに、あごや頬といったUゾーンは乾燥する。
  • 洗顔後、部分的につっぱるところがある。
  • Tゾーンの脂浮きがひどい。
  • 肌質が季節によってかわる。

等があります。

  • 普通肌+脂性肌
  • 普通肌+乾燥肌
  • 脂性肌+乾燥肌

の、どの組み合わせであっても混合肌と呼ばれます。

混合肌になる原因とは?

混合肌になる原因としては、外的な要因と内的な要因があげられます。

外的要因

混合肌を招く外的要因としては、

  • エアコンによる乾燥
  • 紫外線
  • 喫煙
  • アルコール
  • 栄養バランスの悪い食生活
  • 間違ったスキンケア
  • 季節の変わり目

などがあげられます。

内的要因

混合肌を招く内的要因には、

  • 生理前後のホルモンバランスの乱れ
  • ストレス

があげられます。

混合肌の人の正しいクレンジングとは?

混合肌の人はしっかり汚れを落とすために、オイルタイプのクレンジング料を使っているという人が多いようです。

メイクと同じ油分でできたオイルタイプのクレンジング料は、しっかりメイクを落とすことができますが、どうしても必要な皮脂や水分まで取り過ぎてしまうという欠点があります。

混合肌の人には洗浄力が強すぎることもあるので、クリームタイプのクレンジング料に変えてみて様子を見てみましょう。

洗顔の仕方は?

洗顔は洗顔料をしっかり泡立てて、たっぷりの泡でやさしく行うのが基本です。
肌を摩擦するゴシゴシ洗いは絶対にNGです。

夜にクレンジングと洗顔料でしっかりダブル洗顔をしたら、朝は水だけ洗顔やぬるま湯のみの洗顔でも良いでしょう。

化粧水・美容液

混合肌の人は、皮脂量の多いTゾーンなどの毛穴の詰まりやニキビなどが気になって、さっぱりタイプ(脂性肌用)の化粧水を選びがち。

しかし化粧水は肌に水分を補給するためのものなので、やはりしっとりタイプ(乾燥肌用)の化粧水がおすすめです。

美容液も保湿成分を重視し、クリームや乳液は乾燥する部分だけに使用するようにしましょう。