脂性肌を改善するスキンケアとは?

洗顔する女性

皮脂量、保湿能力ともに高いのが脂性肌です。
肌はうるおいがありますが、脂っぽくてテカりやすいのが特徴。

また皮脂が多いため皮脂腺が広がり、毛穴が開きやすいのも特徴のひとつです。
特に皮脂が過剰になりやすい夏は、ニキビができやすくなることもあります。

クレンジングの選び方は?

脂性肌の人は皮脂量が多いので、肌に汚れが付きやすく、菌などが増殖する可能性も考えられます。
まず行うべきことは、クレンジングでしっかりメイク汚れを落とすことですね。

ただし、皮脂を取り過ぎるのは肌へのダメージにつながります。
クレンジング料は洗浄力の高いオイルタイプよりも、より洗浄力がマイルドなクリームタイプやミルクタイプがおすすめです。

脂性肌の洗顔方法

皮脂や汚れが肌に残ると、時間がたつとともに酸化して、肌の老化や肌荒れの原因になります。

余分な皮脂や汚れは、洗顔でしっかり落としたいですね。
洗顔料は添加物の少ない固形石鹸がおすすめです。

ただし、しっかり皮脂を落とそうとして、ゴシゴシ肌をこする洗顔はNG。
洗顔料をよく泡立てて、キメの細かい泡で肌をマッサージするようにやさしく洗うのが洗顔の基本です。

泡でやさしく汚れを吸着させた後は、石鹸の泡が残らないようにぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

化粧水・美容液で保湿もしっかりと

化粧水はさっぱりタイプのものや、肌の引き締め効果のある化粧水を選び、洗顔後にたっぷりつけるようにしましょう。

その後、保湿効果のある美容液でうるおいを補給します。

脂性肌だから保湿は必要ないと思う方もいるかもしれませんが、肌の内部は水分が不足していることが多いもの。

美容液でしっかり保湿しましょう。

また脂性肌の人でも、皮脂腺が少なくて乾燥しやすい目もとや口もとは、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入った美容液で、しっかりうるおいを補給しましょう。

脂性肌改善に効く食べ物は?

皮脂量が多い脂性肌の人は、皮脂の分泌を抑制する食べ物を摂るように心がけたいですね。

特におすすめなのはビタミンB2とビタミンB6を含む食べ物です。

ビタミンB2を含む食べ物

  • レバー
  • ウナギ
  • 海藻類
  • ヨーグルト

など。

ビタミンB6を含む食べ物

  • レバー
  • マグロ・サバなどの魚
  • 大豆
  • 小麦胚芽

など。

正しいスキンケアと食事で、脂性肌を改善していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする