スキンケア一覧

たるみの原因と改善するための対策

二重あごの女性

目の下の深いシワやほうれい線、フェイスラインのもたつき、二重あごなど肌のたるみは老けて見られる原因です。

老け顔にならないよう、正しいケアでたるみを予防しましょう。

たるみの原因

たるみの原因は3つに大別されます。

真皮の成分の減少

一つ目は、真皮の成分の減少。

真皮の線維芽細胞の働きが低下し、コラーゲンやエラスチンなどの真皮を支える成分が少なくなることで肌のハリがなくなってしまうんですね。

参 考
次の記事では真皮の構造や各成分の働きも含め、皮膚の構造と働き、また皮膚の大切な働きである「バリア機能」や皮膚の「ラメラ構造」について詳しく書かれています。

肌のラメラ構造って何?皮膚(肌)の構造とラメラ構造の役割

表皮・真皮・皮下組織という皮膚全体のことが分かるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

表皮と真皮の結びつきが弱まる

二つ目は、表皮と真皮の結びつきが加齢によって弱まり、重力に耐えられなくなった表皮が下へずれてたるんでしまうんです。

筋肉が痩せる

三つ目は、筋肉が痩せてしまうこと。
顔の筋肉も年とともに衰え減少します。

筋肉が肌を支えられなくなって、ほうれい線などが目立つようになってしまうんです。

たるみを改善するための対策

真皮の成分の減少

たるみは一度起きてしまうと元には戻せません。
真皮のコラーゲンやエラスチンが減ると、まずたるみ毛穴が目立つようになります。

たるみ毛穴を見つけたら、すぐにピーリングを始めてターンオーバーを促進し、真皮の線維芽細胞の働きを活性化させてあげましょう。

加齢とともにターンオーバーは長くなってくるので、定期的なピーリングでコラーゲンの量を増やし、たるみを改善・予防していきましょう。

表皮と真皮の結びつきが弱まる

ほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴライン、目もとのくまなどが「表皮と真皮の結びつきが弱まる」ことによっておこるたるみの代表です。

コラーゲンの生成を促進するレチノール入りの化粧品で、たるみケア・ハリケアをしましょう。

また保湿力の高いコラーゲン入りの化粧品、抗酸化力の高いビタミンCやポリフェノール、血行促進効果のあるビタミンEが配合された化粧品もおすすめです。

筋肉が痩せる

痩せてしまった筋肉を大きくするには、からだの筋肉と同じでトレーニングが効果的です。

口を大きく開けたり目を大きく見開いたりする、表情筋のトレーニングをしましょう。

また脂肪が多いフェイスラインはむくみやすいので、血行を促進するリンパマッサージがおすすめですよ。