スキンケア一覧

肌のハリが低下する原因と弾力を回復するためのスキンケア

肌のハリを気にする女性

指で押すとはね返されるような弾力のある肌が、「ハリのある肌」だと言えるでしょう。

ハリがなくなった肌はちょうどしぼんだ風船のようなもの。
シワが目立ち、フェイスラインもたるんで老けて見えてしまいます。

この記事では肌のハリが低下する原因と、肌の弾力を回復するためのスキンケアの方法についてご紹介します。

肌のハリはどうやって生まれる?

肌(皮膚)は、外側から順番に表皮・真皮・皮下組織の3つの層でできています。

このうち肌のハリ・弾力に主に関係しているのは真皮です。

真皮には弾性繊維であるコラーゲン線維が張り巡らされています。
そしてこのコラーゲン線維をところどころでつなぎとめるようにエラスチン線維が存在しています。

さらに張り巡らされたコラーゲン線維の間を、ヒアルロン酸を中心としたゼリー状で弾力のある基質が埋め尽くしています。

コラーゲン線維・エラスチン線維・ヒアルロン酸が、肌のハリ・弾力を生み出している元なんですね。

そしてこれらの成分が減少することが、肌のハリ・弾力の低下の原因になるんですよ。

肌のハリが低下する原因

紫外線

紫外線の中でも真皮にまで到達するUV-Aは、コラーゲン線維やエラスチン線維を傷つけたり変性させたりします。

コラーゲン線維やエラスチン線維がダメージを受けることで、肌の弾力が失われるわけですね。

乾燥(バリア機能の低下)

肌が乾燥すると角質層のバリア機能が低下します。
そしてバリア機能が低下した肌は、より紫外線の影響を受けやすくなるんです。

加齢

コラーゲン線維やエラスチン線維は、齢を重ねるごとに働きが衰えたり、減少していきます。
また肌の中で作られる量も減少します。

活性酸素

紫外線も活性酸素を生み出す要因のひとつですが、それ以外にも体内に発生した活性酸素はコラーゲン線維やエラスチン線維にダメージを与えます。

またコラーゲン線維やエラスチン線維を生み出す線維芽細胞という組織を弱らせて、新しくコラーゲン線維やエラスチン線維が生まれるのを抑制する働きをするんです。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンにはコラーゲン線維やエラスチン線維を作ることを促進する作用があります。

加齢や睡眠不足、極端なダイエットなどで女性ホルモンが減少すると、肌のハリ・弾力低下につながります。

肌のハリ・弾力を回復するためのスキンケア

紫外線対策と保湿ケアは、肌のハリ・弾力を回復するためのスキンケアの柱になるものです。

日焼け止めクリーム、帽子や日傘、サングラスといった日焼け止めグッズの活用、また最近では飲む日焼け止めサプリメントなども出ているので、体の内側からの日焼け止め対策として活用するのも良いですね。

乾燥対策のためにはセラミドなど、肌の保湿成分が入った美容液等で保湿ケアをすることが大切です。

また肌にハリを与える成分として、

  • ビタミンC誘導体
  • ナイアシン
  • レチノール
  • アスタキサンチン等の抗酸化成分

などが配合された化粧品を使うのも良いですね。


くすみの原因と改善のためのスキンケア

肌のくすみを気にする女性

肌がくすむ原因にはいくつかの種類があります。
くすみの原因を知り、それに応じた改善のためのスキンケアを行っていきたいですね。

くすみの原因

①古い角質が溜まる

加齢等の理由で肌のターンオーバーが遅くなると、本来、アカとなってはがれ落ちていくはずの角質が肌の表面に溜まってしまいます。

すると角質が厚みを増し、肌の透明度が下がって褐色がかった灰色にくすんで見えるんです。

②メラニンが溜まる

大量に紫外線をあびたり、肌の摩擦などによって大量に作られたメラニンが、スムーズに排出されずに肌の中に溜まってくることで起こるくすみです。

③血行不良

運動不足や睡眠不足、冷えなどからくる血行不良は、静脈の血流を滞らせて静脈血の増加を招きます。

静脈は青っぽく見えるもの。
血行不良によるくすみは、肌が青っぽくくすんで見えるのが特徴です。

④乾燥

水分保持能力が低下して肌が乾燥すると、肌表面がしぼんでキメの乱れを引き起こします。

キメの乱れた肌は光をきれいに反射できなくなり、ツヤ感のないどんよりとしたくすんだ肌に見えるんですよ。

くすみ改善のためのスキンケア

①角質ケア

古い角質を取り除き、ターンオーバーを正常化させるために、ピーリングやゴマージュをスキンケアに取り入れましょう。

ピーリングはおだやかな作用のAHA(フルーツ酸)配合の洗顔料や、角質除去成分配合の美容液がおすすめです。

30代以降は定期的にクリニックでケミカルピーリングをするのもいいですね。

ゴマージュはなるべく粒子の細かいもので、やさしくケアしましょう。

代謝を高めるレチノール配合化粧品はターンオーバーを促進させる働きがあり、古い角質が溜まるタイプのくすみ改善に有効です。

②美白ケア

メラニンが溜まるタイプのくすみ改善には、メラニンの排出を促したり、メラニンの生成を抑制する美白ケアが有効になります。

メラニンの生成を抑制する美容成分には、

  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • プラセンタエキス

などがあります。

メラニンの排出を促進する=ターンオーバーを促進する成分には、

  • エナジーシグナルAMP

があります。

③血行促進

血行不良のくすみの改善には、血行を促進する作用のあるビタミンEや炭酸を配合した化粧品が有効です。

また顔のマッサージや適度な運動も血行を促進してくれますよ。

④保湿ケア

乾燥が原因のくすみを改善するには、保湿成分配合の化粧品で保湿ケアをすることが重要です。

保湿成分には、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ビタミンC

などがありますよ。


赤ら顔の原因とスキンケア

赤ら顔の女性

  • 特に暑いわけでもないのに一人だけ顔が赤い……。
  • 温かい部屋に入ると一気に顔が赤くなる……。

そんな赤ら顔で、恥ずかしい思いをしている方も多いかもわかりませんね。

この記事では赤ら顔の原因と、スキンケアの方法についてご紹介します。

赤ら顔の原因って?

表皮が薄い

皮膚は外側から順に表皮・真皮・皮下組織という3層に分かれています。

このうち真皮には毛細血管が密集していますが、通常は皮膚の表面からはその赤みは見えません。

ところが表皮が薄くなると、真皮の毛細血管が透けて見えるようになり、これが顔の赤みになるんです。

鼻や頬の皮膚は特に薄いので、赤くなりやすい部分です。

生まれつき皮膚が薄い人もいますが、

  • 洗顔の時に泡ではなく手で肌を擦っている
  • ピーリング剤入りの化粧品を頻繁に使っている
  • マッサージを頻繁に行っている

などで、皮膚を薄くしてしまっている人も多いようです。

毛細血管の拡張

毛細血管は拡張・収縮することで体温を調節する役割を担っています。

室内と外気温の差が激しい地方ではこの拡張・収縮が頻繁に起こり、何度も繰り返すうちに血管の収縮力が低下して拡張したままになってしまうんです。

生まれつき毛細血管が多い人や、拡張した状態の体質の人もいます。

ニキビによる炎症

炎症を伴う赤ニキビは、周辺の血管を拡張させます。

赤ニキビが何度も繰り返すうちに皮膚の炎症が常態化して色素沈着し、ニキビが治っているのに赤みが残ることがあるんです。

脂漏性皮膚炎

過剰に分泌された皮脂が酸化し、それが皮膚常在菌と反応して炎症を起こし、皮膚が赤くなる状態です。

皮脂の過剰分泌はニキビを伴うこともあり、この場合、さらに赤みが増すことになります。

アルコール・香辛料

アルコールや香辛料は毛細血管を広げる作用があり、血液が滞って溜まりやすくなります。
溜まった血液が赤く見えるわけですね。

赤ら顔のスキンケア

食生活の改善

アルコール、たばこ、カフェイン、香辛料などの刺激物は赤ら顔の原因。
控えるようにしたいですね。

スキンケアの見直し

洗顔料や化粧水は刺激の少ないものにしましょう。
また肌への刺激が強いゴシゴシ洗いは控えたいですね。

皮膚の炎症が原因の赤ら顔には、ビタミンC誘導体が配合された化粧水が有効です。

また血液の流れをスムーズにして血管の広がりを抑える作用のある、ビタミンKを配合した化粧品も赤ら顔の改善が期待できます。

「~K」といった名称のものが多いようです。

赤ら顔の治療

光治療

拡張した毛細血管に光をあてて縮小させ、赤みを目立たなくする治療法です。

レーザー治療

毛細血管拡張症やクモ状血管腫、単純性血管腫などの治療として行われます。